北海道はこれからが最高の季節です!コロナウイルスを気にしないで、北海道を自由に走れる日が、早く来ますように!

北海道ツーリング初めて【交通安全編】

  • 2019年5月19日
  • 2019年8月26日
  • 北海道
  • 224View
  • 0件

 

・スピード出し過ぎ注意!北海道の取締りは厳しい?

北海道の道路は広くてまっすぐな道路で走りやすいので、

開放感で、ついついスピードが出てしまいがちです。

北海道はつねに全国交通事故死ワースト3位以内に入っているので、
取締りが強化されてます。

・スピード違反の取締りは、特に厳しい?

スピード取締りの対策

  1. ・先頭を走らない
  2. ・市街地に入る時はスピードダウン
  3. ・レーダー探知機を付ける
  4. ・すれ違うパトカーに注意
  5. ・対向車のパッシングは注意の合図
  6. ・交通安全運動をやってるか確認する
  7. ・制限速度を守る
  8. ・先頭を走らない

 

・先頭を走らない

数台で走っていた場合、同じスピードで走っていても
取締り対象は先頭車両だけです。

ですから、先頭を走らないのが一番効果的です。

しかし、いつも先頭を走ってくれる車がいるとは限りません。

もし、後ろから走ってくる車がいるときは、
素直に道をゆずりましょう。

 

そして、その車の後ろを走りましょう。

・市街地に入る時はスピードダウン?

北海道の郊外の道路では、制限速度が60kmまたは50kmから
市街地の入り口で40kmに変わる場所があります。

そこでスピード取締りをやってることが多いです。

法定速度の60kmの道路では制限速度の標識が無いことが多いです。

急に制限速度の標識が出て来たら要注意。

以前、車で地方に出張に行ってる時のことです。

直前に運転を代わって市街地に入った途端に、スピード違反で
切符を切られた経験があります。

60kmから40kmに変わった直後で15kmオーバーでした。

・レーダー探知機を付ける?

最近ではパトカーでの測定も路上での測定も、測る時だけ電波を飛ばすので、
レーダー探知機を付けてるからと言って、安心はできません。

交通量が多い場所では、他車に飛ばした電波を感知することもできますが、
交通量の少ない場所で単独で走ってる場合などは注意しましょう。

もちろん、スピードを出さない事が一番です。

<Sponsored Link>



・すれ違うパトカーに注意

北海道はパトカーにスピード測定用のレーダーを付けてる車両が多いです。

屋根の赤色灯の間に白い四角いボックスが目印です。
たまに、丸い形状のものもあります。

物陰などに隠れて取り締まりをしますが、
時にはすれ違いざまに測定されることもあります。

・対向車のパッシングは注意の合図?

取締りを対向車が教えてくれることもあります。

対向車からパッシングされた場合は要注意です。
その先で取締りをやってる可能性があります。

・交通安全週間かどうか確認する

交通安全週間や交通安全運動などの期間は
取締りも厳しくなってます。

北海道交通安全協会のホームページなどで確認しましょう。

交通安全週間でなくても、ゴールデンウィークや夏休みなど、
観光や旅行が多くなる時期も要注意です。

 

・制限速度を守る

制限速度を守ることが一番よいのですが、
道幅が広く、対象物が少ない北海道の道路ではついつい
オーバースピードになることがあります。

ときどきスピードメーターを確認しましょう。 

北海道ではこんな取締りもしてます。

例えば新冠町でスピード取締りをやっていて、
となり町の静内町でもやっている事があります。

 

同一方向でやってるので、2回続けて捕まったライダーもいます。

スピード取締りでは、制限速度プラス10km以内だと、
スピードメーターの誤差としてみてくれるようですが、

100%捕まらないわけではないのでご注意ください。

じっさいに、知り合いで10kmオーバーで捕まった人もいます。
ツーリング中のスピードの出し過ぎには充分注意しましょう。

 

・北海道では、はみ出し禁止違反の取締りも厳しい?

はみ出し禁止区間でも注意が必要です。

中央線が黄色の区間です。

勘違いしてる人もいるかも知れませんが、
黄色い線は対向車線にはみ出して運転してはいけない!

という事です。

追い越し禁止とは別で、他の車を追い越さなくても、
はみ出しただけでも違反です、捕まります。

見通しの良い峠や直線道路は、黄色の線に気をつけましょう。

以前に中山峠の見通しのよい直線で私が目撃した車は、
追い越しのために黄色い中央線をはみ出した瞬間、

前方で待ち構えてるパトカーに気づき、追い越しをやめて、
左車線に戻った車がいましたが、けっきょくパトカーに停められました。

それと、私自身の経験ですが、

札幌から大型バイクで国道453号線を支笏湖に向かってる途中、
脇道から出て来た車が、あまりに遅い(時速30km位)ので、はみ出し禁止区間で
追い越したあと、しばらくしてから白バイが追いかけて来たことがあります。

どうやらどこか見晴らしの良いところから見て
無線で白バイが追いかけて来たようです。

我々ジモティライダーも、遅い車がいても白線に変わるまでじっと我慢してます。

なぜなら、はみ出し禁止違反は見られただけで、アウトだからです。

 

北海道ツーリング初めて【取締り】まとめ

北海道の道路は広くて走りやすいのと、
スピードを感じる対象物が少ないので、感覚が麻痺して
オーバースピードになりがちです。

郊外から市街地に入る場所ではスピードオーバーに要注意。

黄色の中央線の道路では、対向車線にはみ出しての走行はしない。

スピードメーターで速度を確認しましょう。

そして、無理なツーリング計画を立てないことが肝心です。

なぜなら、予定が遅れるとどうしても急いでしまうので、
スピードが出てしまいがちです。

無理な追い越しも事故の元です。

北海道の道路では、対向車は思ってるより
スピードが出てることがあるので、気をつけましょう。

ゆっくり走ろう北海道!を心がけて

のんびり楽しい北海道ツーリングを満喫してください。

最新情報をチェックしよう!