北海道はこれからが最高の季節です!コロナウイルスを気にしないで、北海道を自由に走れる日が、早く来ますように!

北海道のコンビニ【セコマ】はセブンイレブンより古い?

セイコーマートは北海道民に愛される、北海道のコンビニ!

北海道をツーリングしてると、
地方でもよく見かけるオレンジ色のコンビニ。

ツーリング途中で、お世話になってるライダーも多いと思います。

【セコマ】ことセイコーマートは北海道のコンビニです。
道外でも、独特の経営ですっかり有名になりました。

北海道では、後発の新しいコンビニのように
思ってる人も多いかも知れませんが、セコマはじつは、
セブンイレブンやローソンなど、他のコンビニよりも
北海道ではずっと古いのです。

セイコーマート第1号店はセブンイレブンよりも早かった?

西尾長光さんと赤尾昭彦さんが創業者です。

実質の創業者の赤尾さんがある時、アメリカのコンビニの存在を知り、
独学で学んだノウハウを活かし、
1971年にセイコーマート第1号店を札幌市北区へオープン。

北区北30条西8丁目『はぎなか店』

当時の店名は【コンビニエンスストア はぎなか】でした。

セブンイレブンの日本進出は1974年。
セイコーマートはそれより3年も早いオープンだったそうです。

 

じつは、埼玉・茨城にも104店舗あります。

セコマの前身が丸ヨ西尾という酒卸の会社だったこともあり、
ワインを中心とした酒類を扱うコンビニをコンセプトにしたのが特徴ですね。

当時は酒屋の免許制度が厳しく、どこでも酒類は販売出来なかったので、
酒屋を中心にフランチャイズ展開したのです。

セイコーマートは成功マート?

 

北海道では大手コンビニもかなわないほどの
勢いがあるセイコーマートです。

【セイコーマート】の名前の由来は【成功】と
もう1人の創業者・西尾長光の名前の西と光で
セイコウから命名したと言います。

セイコーマート、私はセイコマと呼んでますが、
数年前に株セコマに社名変更したこともあり、
最近ではセコマと呼ぶ人が多いです。

大手のコンビニでは出来ないことをめざす?

顧客満足度・全国1位になったこともあるほど、
大手コンビニでは出来ないことにこだわってます。

他のコンビニと大きく違うところは、

・北海道ブランドを大事にしている。

豊富牛乳・北海道産小豆・夕張メロン・北海道産小麦など、
原材料は北海道産にこだわっている。

北海道のマークが付いた、プライベートブランドの商品も数多いのです。

最近出た、ジンギスカン風 焼きそばも人気です。

・いつでも安売りをしてる。

自社ブランドに限らず、メーカーのカップ麺なども安い。

・リーズナブルで豊富な自社ブランドの商品。

玉子・焼酎・アイス・パン・カップ麺・牛乳・惣菜・ドリンクなど、
豊富なプライベートブランドの数々。

・豊富な種類のワインを安く提供。

500円のカリフォルニアワインG7など、
たくさんの安いワインがうれしい。

プライベートブランドの焼酎『長次郎』も人気です。
4リットル1488円税込。

・チラシを出してセールをする。
定期的にチラシを出してセールをする。
玉子ワンパック128円など。

・過疎地域にも積極的に店舗を出している。

北海道にはスーパーもコンビニも無い過疎地域が
多いですが、行政からの出店依頼もあるほどで、
地域のお年寄りなど住民に喜ばれています。


・店内調理のホットシェフ。

ホットシェフは他のコンビニに先駆けて、
店内調理でお弁当や唐揚げ、おにぎりを提供するサービスです。


カツ丼や豚丼、カレー・フライドチキン・大きなおにぎりなど、
手作りの温かいものを食べられる!と評判です。

カツ丼は私の一押しです!

電子レンジで温めるのではなく、
出来立てのあたたかい食事ができるのは、
ライダーにとって、とてもありがたいですね。

店内で買ったものを食べられる、イートインコーナーが
あります。(イートインコーナーは全店舗ではありません)

・季節商品が面白い。
抹茶・夕張メロンなど、
季節ごとにもフェアなどもやります。
現在は旬のメロンフェア!最初はソフトクリームから始まったように思いますが、
今では、かりんとう、スイーツ、サワー、パンなど全部で十数種類あります。

メロン果汁をたっぷり使っていて、
食べると口の中いっぱいに夕張メロンが広がります。

思わず、全種類制覇!なんてことも、やりたくなります!

 

・生野菜や肉、玉子など生鮮品も売ってる。
ちょっとした買い物なら、用事が足りるくらいです。
小分けの100円惣菜も種類豊富で便利です。

 

・近所のお年寄りも多く利用する。
特に、ひとり暮らしのお年寄りに重宝されてます。小分けの惣菜が人気です。

・小さなスーパーとして利用されている。
タクシーで乗り付けて、買い物をして行く
常連のお年寄りもいるほどです。

災害時に強い。

2018年9/6の北海道胆振東部地震の北海道全体が
ブラックアウトのときは、社員や家族などの協力で、
いち早く店舗を開け、ホットシェフのガス釜でご飯を炊いて
おにぎりを作り、販売しました。

停電で保存の効かないアイスなどは無料提供して、
市民に喜ばれました。

セイコーマートでは、車のアイドリングで発電できる非常用キットを
全店で常備していたおかげで、レジを動かせたので、スムーズに営業
できたそうです。

震災直後は、お酒以外はほとんどの商品が売り切れでした。

・生産、製造、物流、小売まで自社で行なっている。

自社ブランド商品を本州などにも卸していて、メーカーでもあるのです。
そのため、災害時にはいち早く被災地に商品を運んだり、
逆に本州から商品を提供してもらうことができました。

 

セイコーマートのウイークポイント

北海道民に愛される最強のコンビニではあるけど、
多少の欠点もあります。

それは、トイレにあまり力を入れてない!

ほとんどの店でトイレは1つしかない、イマイチ狭かったり、
古びていたりするので、女性には不評です。

車で走っていて、トイレに行くときは、
セコマは女性に敬遠されがちです(私の個人的な印象)

新しい店舗はきれいで広くてきれいなトイレの店もありますが。

あまり店舗に経費をかけずに、サービスを充実していく、
と言うことなのかも知れませんね。

それと、地方の店舗にはATMが無いこともあります。

でも、それは仕方のないところかも知れませんね。

スーパーとかコンビニが無い、
過疎地域にも積極的に出店してるのですから。

セキュリティーや通信機器などの事情もあるでしょうから、
都会のように何でもかんでもIT化できないですからね。

特に問題はありませんが、たまに困ります。

 

ライダーの味方・セイコーマート【まとめ】

北海道は数十キロも、小さな町しか無い道路も多いです。

そんな時に、小さな町にセコマがあってライダーにとっても、
ほっとひと息つける、オアシスのような役割もあるように思います。

ホットシェフはできたての丼物やお弁当、フライドチキン、
大きな手作りおにぎりを食べれます。

そんな中でも、カツ丼はコスパ最高、540円税込。
ボリューム、味、共に満足できます。大盛もあります。

厚い肉のカツ丼はコスパ最高!

 

親子丼もおすすめ!フライドチキンも美味しい。

ホットシェフのお弁当などを、店内で食べられる
イートインコーナーが増えてきてるのも、

ライダーにとっては嬉しいかぎりです。

※ホットシェフは全店にあるわけではありません。

 

 

最新情報をチェックしよう!