北海道はこれからが最高の季節です!コロナウイルスを気にしないで、北海道を自由に走れる日が、早く来ますように!

プチツーリング・北海道の【望みが来る】地でオジロワシを見た?

  • 2019年9月4日
  • 2019年9月4日
  • ルート
  • 151View
  • 0件

北海道石狩市厚田区望来(もうらい)は海の見える別荘地?

 

北海道の長い冬が終わって、
春が来ると決まってバイクでツーリングに行く場所があります。

北海道の春は遅い!4月中旬でも山間部には残雪が。

それは、石狩市厚田区にある、
望みが来ると書いて望来(もうらい)と読む所です。

望来の市街地。見える道路は国道231号線

北海道の春は、所々にまだ雪が残っていて、
バイクでツーリングするには寒い!

あまり遠くへは行けないし、
近場で海が眺められる場所が望来なのです。

◉夕日の美術館がある高台は別荘地?

 

望来地区は、札幌市の隣、日本海側の石狩市にあり、
海が目の前に広がる高台があります。

小さな街で、山の上にも海側の高台にも別荘地があります。

望来は札幌から1時間ほどなので、
週末に気が向いた時にでも、気楽に来れる距離です。

山を切り開いて別荘地があります。
海側の高台の別荘地。

別荘地と言っても、高級なイメージではなくて、
どちらかと言うと、気軽に買える?くらいの金額です。

立て看板には350万円の文字が!!

建っている別荘を見ると、一人用?の小さな別荘から、
大きくて本格的な別荘までさまざまです。

夏休みなどに、
海を見ながらのんびりしたり、
焼肉などをやるには最高です。

自分で別荘を作ってる人もいるようです。それも楽しそう!

 

最近、また別荘ブームなのでしょうか?

新たに土地が開発され、
私のお気に入りの場所にも
別荘が建ち、
せっかくの絶景の場所に立ち入りができなくなりました。

この別荘が立つ前は、パラセーリングのプラットホームになっていて、崖っぷちまで行けました。
ここに別荘が立つ前です。風が吹き上げて来るのか、パラセーリングをよくやっていました。

それでも、そこからの景色は絶景です。

小樽方面から浜益方面まで一望できます。

 

厚田は夕日が観光資源になってるので、望来でも夕日はきれいです。

高台には『ほっかいどう望来絵画館』という
『夕日の美術館』があります。

営業時間は土・日・祝日の12時~日没まで。

日没までなんて、洒落た終了時間ですね。

望来で絶滅危惧種のオジロワシ発見?

 

網走や知床など道東多くで見られる、
絶滅危惧種のオジロワシと思われる鳥を発見!!

写真撮影に成功?しました。

 

最初、見たときは尾と頭が白いので、
アメリカの国鳥にもなっている『ハクトウワシ』(アメリカンイーグル)かと思いました。

しかし、ハクトウワシは日本にはいないんじゃないかな?

と思い、フェイスブックで鳥類に詳しい方が教えてくれました。

オジロワシの壮年、老年は、かなり顔が白くなるので、
光の当たり方も重り、白が際立ったのかもしれません。
顔つきはオジロワシです。

と、言うことで、

結論は、歳とった『オジロワシ』

海の見える丘に建つレストラン?

『Pizzeria & Bourangerie RIPPLE』

ピザとパンのお店です。
北海道石狩市厚田区望来338-30
水・木・金 11:00~15:00
土・日・祝 10:00~17:00
月・火 定休日(祝日は営業)
パンの販売は土・日・祝日のみ

 

◉喫茶店?カフェ?うつわを売る店?

『ちいさなうつわや ありすcafe』
北海道石狩市厚田区望来93-16
営業・毎月25日〜末日
時間・10:00〜18:00

てっきり、喫茶店だと思っていたら、
陶器を作って売ってる店なのですね。

中では、飲食メニューもあるようです。

高台への正利冠川からの高台への、
上り口にありますが、毎月25日〜末日までの営業日とは凄いですね。

 

当別町から望来までのルート

バイクでツーリングがてらに行くルートとしては、
あまり知られていない、当別町から山側に入るルートがあります。

 

交通量が少なく、ワインディングを適度に楽しめます。

札幌から当別町までも、交通量が少ない裏道ルートがあるのですが、
ちょっと難しいルートなので、国道275号線からのルートを説明します。

国道275号線で当別町まで行き、
275号線の青看板を右折しないで、石狩・当別駅方向に道道81号線で直進します。

小樽・石狩の青看板を左折。

踏切を渡って道道527望来の青看板を右折。

あとは、道なりに進み、
ひとつ目の材木峠を越えて、突き当りを右折です。

もうひとつ峠を越えて道なりに進むと、
望来の国道231号線に出ます。

231を右折して200mほどに正利冠川(まさりかっぷ)の看板手前を
左折して登っていくと高台に出ます。

そこが私のお気に入りの場所!望来の海がいちぼうできる別荘地!

冬は過酷?【まとめ】

春・夏・秋と楽しめますが、冬は過酷な場所です。

冬は日本海から低気圧が近づくことが多く、
石狩浜・望来から厚田、浜益地区は吹雪になることが多々あります。

いったん吹雪くと、1m先も見えなくなることもあり、
ホワイトアウトで道が分からなくなり、事故になるケースがあります。

しかし、夏場の別荘をお探しの方には、
打ってつけの場所だと思いました。

サーファーがいました。

 

 

最新情報をチェックしよう!