北海道はこれからが最高の季節です!コロナウイルスを気にしないで、北海道を自由に走れる日が、早く来ますように!

北海道グルメ・ジンギスカンなまら美味い?生ラム&マトン

北海道ツーリング・グルメ・なまら美味いジンギスカン!

 

 『なまら』は北海道弁で『すごく』です。
『なんまら』はなまらを強調した言い方で『ものすごく』になります。
『なまらすごい』という言い方もあります、意味が重複してますね。

北海道で肉といえばジンギスカン!羊肉です。

北海道人がどれだけ、ジンギスカンを好きなのか?

北海道人ならば、日常的に家でも、店でも、
宴会でも、花見でも、海水浴でもアウトドアでも、
ジンギスカン。

『ジンパ』はジンギスカンパーティーのこと。

『ジンギパーティー』とも言う。若い人が使う言葉ですが。。

それくらい、北海道人にとって、普通に生活の一部になってるジンギスカン。

夏の暑い日には、

自宅の庭先や車庫で、家族や友達呼んでジンギスカンパーティーは当たり前

夏になると、天気の良い日はあちこちの家から
焼肉のにおいがしてきます。

もちろん、ジンギスカンにキンキンに冷えたビールは付きもの!!
サーバーを用意して、樽生も楽しんだりします。

日帰りツーリングが終わって、自宅前でジンギスカンとビール!

豊平川の河川敷でジンギスカン
(注・豊平川河川敷では、火が使えない場所もあります)

海水浴場でジンギスカン&ビール!!
北海道民が海水浴場でテントを張って海水浴をするのが、ケンミンショーでも
紹介されましたが、炭をおこしてジンギスカンも当たり前です。

とにかく、北海道人はジンギスカン大好き!

 

ジンギスカンの肉は輸入肉?

北海道人が大好きなジンギスカンですが、

しかし、北海道で消費される羊肉のほとんどは、
ニュージーランドなどからの輸入ものです。

ごく一部で、食肉用に羊のサフォーク種を、育ててる牧場もありますが、
ほぼ特定のお店向けで、高級で一般的には流通してないのが現状です。

最近では、その輸入肉がある国の人にたくさん買われて、
値段が高くなり、
気楽に食べれなくなってきてます。

顔と脚が黒いのが特徴のサフォーク種。肉は高級。

◉ラムとマトンの違いとは?

 

生ラムとかマトンという言葉を知ってると思いますが、
では、ラムとマトン違いはなんでしょうか?

羊の種類?ではありません。

簡単に言うと、子羊か大人の羊の違いです。

ラムは生後1年未満の永久歯の生えてないヒツジで、
マトンは生後1年以上で、永久歯が2本以上生えたヒツジです。

ヒツジは永久歯が生えてくると、肉に臭みが出てきます。

ラム肉の特徴

ラムは肉質が柔らかく、羊肉独特の臭みが少ない。

クセが少なく、食べやすい肉で、現在ではほとんどが
ラム肉になってます。

ですから、スーパーなどで売ってる羊肉はラムが多いです。

しかし、肉が若いため、マトンに比べると
旨みが少ないとも言われてますが、食べやすいので
人気があります。

マトン肉の特徴

マトンは肉質は弾力があり、少し臭みがあります。

しかし、子供の頃から食べなれている北海道人にとっては、
あまり臭みを感じません。

羊肉をロール状にして冷凍したものは昔はマトンでした。
生ラムが一般的になる前は、ジンギスカンと言えば、
冷凍のマトンロールで、現在でも根強い人気があります。

ジンギスカン好きな人は、マトン派?

本当にジンギスカン好きな人はマトンを好むようです。

私も、どちらかというとマトンが好きです。

成熟した上質のマトンはコクと旨みを味わえる肉です。

もともと、ジンギスカンとして食べ始めたのは、マトンで、
これはあくまで、私の感覚ですが、
生ラムは焼肉の部類に入り、ジンギスカンといえばマトンです。

まぁ、ジンギスカンも焼肉の一種だろう!
と言われると、そうなんですが、北海道人にとってのジンギスカンは
特別なものなのです。

どちらも美味しい肉ですが、こだわれば!と言うことですね。

 

なまら美味いラム肉を食べに、旭川へ一泊二日のツーリング!

◉成吉思汗『大黒屋』
旭川市4条5丁目     3・4仲通
17:00~23:30(7月8月は16時開店)不定休
0166-24-2424
予約は16時から食事できる人のみ。
開店時間、16時でこの行列です。予約しといて良かった!

旭川の大黒屋のジンギスカンが美味い!と聞いて、
一泊二日のツーリングを企画しました。

並ぶは嫌なので、事前に予約しておきました。
しかし、予約は16時から店に入れる人に限ります。

食事するには、ちょっと時間的に早いかとも思いましたが。。

予約優先なので、予約で席がうまったら並ぶことになります。

 

私もジンギスカンは日常的に食べてますが、
『大黒屋』の肉を食べた時は、
美味くてビックリでした。

クセがなく、肉質も柔らかくて上質、旨みがあって最高!!

これほど美味しい生ラムは初めてでした。

しかも、意外と安い!

そして、焼き野菜なんと0円!!!

 

メニューには

◉生ラム

上質で厚切りの生ラム、コクがあって、口に入れた瞬間に『美味い!』

 

◉厚切りラック(骨つき)

ラック、骨つき肉でこれまた美味い。

◉ハーブ生ラム

生ラムにハーブをかけた肉。これは、好きずきですね。

◉ラムロール

ラムロール。冷凍ですが、これはこれで美味しいのです。

あまりにも美味かったので、その年の秋にも旭川へツーリングしました!

 

北海道のジンギスカン愛?

 

ジンギスカンが好きすぎて、いろいろ商品を考え出します。
そこまで、やらなくても?という物もあります。

ぜひ一度トライしてみてください!

◉ジンギスカンキャラメル?


これは、普通の人には食べられません。北海道人でも、難しい。
ほぼ、話題性とシャレで販売してるのではないかと思います。

私も一度しか食べたことはありません。

口に入れると、肉と玉ねぎ、ニンニクとタレの味が
口いっぱいに広がります。
いくらジンギスカンが好きとは言え、無理です(汗

あの世界一臭いドリアンの飴を食べたことがありますが、
それの次くらいに悪魔の味です。

空港やお土産物ショップで売ってるはずです。
調べたところ、なんとamazonでも売ってました。
手持ちの写真が無いので、amazonでご確認を。

 

 

◉ジンギスカンヤキソバ?


満をじして?

北海道のコンビニ『セイコーマート』から新発売。

税込価格 128円とリーズナブル、さすが、セコマです。しかも、セコマカラーのオレンジ!

 

醤油タレ味で、ジンギスカンの味があまり強くなく、あっさりめで、美味しい。

ジンギスカン焼きそばは、焼きそば専門店のメニューにもあります。

焼きそば専門店・札幌『ランラン』のジンギスカン焼きそば。
ベーシックのソース焼きそばの普通盛りは350円でリーズナブル。
昼時は混雑します。

札幌のジンギスカン発祥の店!こだわりの生マトン肉?

こだわりの上質の生マトンが食べられる!

元祖ジンギスカンの店 【ツキサップじんぎすかんクラブ】

札幌市豊平区月寒東3条11丁目2-5 八紘学園農場内
tel 011-851-3341
営業時間 11:00~21:00(木曜日は17:00~)
定休日 水曜日

住宅街のちょっと奥まったところに入口があります。

北海道のジンギスカン発祥の店です。

『ジンギスカンと言えばマトン』にこだわってる店。

 

八紘学園という農業専門学校の農場の敷地内なあるので、
農場を眺めながら、ジンギスカンを楽しめます。

農場内を散策することも可能です。
季節になると、花しょうぶ園(有料)が開催されます(7月初め〜中旬)

2haの土地に7万株のさまざまな花しょうぶが咲き乱れます。

外のテラス席でも食べれますが、冬は寒くてビールを飲むがちょっと大変?
夏は、直射日光があたるときは、ビールは美味しいですが、暑くてへばります。

テラス席。

肉も早く食べないと乾燥気味になります。

室内でも、農場を眺められる席があるので、
季節や気温にあわせて
席を選ぶとよいかもしれません。

しかし、混み合って席を自由に選べないときもあるので、
混雑状況を確認してから行くと良いかもしれません。

マトン肉とオリジナルタレの販売もしています。

炭火で焼く生マトンは旨みがあり最高です!
オリジナルのタレは、少しスパイシーなカレー風味で、
生マトンと相性が良く、肉の旨みをさらに広げます。

以前は月寒に住んでいたので、よく買いに行きました。

あるとき、千葉から弟と小学生の姪っ子と甥っ子が我が家に来た時のことです。

家の外で、ジンギスカンを炭火で焼いて、もてなそうと考えました。

しかし、千葉育ちの甥っ子、姪っ子はジンギスカンが
さほど好きではない様子、
あまり食べたことがないのだろう。

外で炭火で焼いて食べる美味しさを知ってもらおうと、
ツキサップじんぎすかんクラブの肉を買ってきたところ、

2人は、なまら美味しそうに、
無言で1kgの肉をほとんど食べてしまいました。

実は、子供達のために冷凍の味付きジンギスカンを用意してたのですが、
結局、私と弟がその肉を食べたのでした。

ジンギスカンならぬトンジスカンとは?

 

トンジスカンとは、『豚ジスカン』

豚肉をジンギスカン風のタレでつけたもの。

これは札幌のスーパーで買ったものですが、
ルーツは留萌のスーパー『チューオー』かもしれません。

スーパーチューオーでは

  • 『トンギスカン』豚ロース肉
  • 『トリギスカン』鶏肉
  • 『ギューギスカン』牛肉

があるという噂!

私が実際に買って食べたのはトンギスカンだけですが、
トリギスカンが売ってるのは目撃してます。
ギューギスカンは本当にあるのかは不明。

しかし、圧倒的な人気なのはトンギスカンです。

豚ロースをジンギスカン風のショウガたれにつけたもの。

なんとなく生姜焼き?みたいですが、とても美味しくて、
ご飯が欲しくなります。

北海道ジンギスカン・まとめ

 

ジンギスカンは北海道人のソウルフードです。

何かと言えば、ジンギスカン!

以前、円山公園で花見をしてると、
『ケンミンショー』がロケに来ていて、
「皆さんはここで何をやってるのでしょうか?」と
インタビューされました。

私はもちろん「花見です!」と答えました。
(オンエアーはされませんでしたが・・・)

本州の方では花見にジンギスカンはやらないようですね(笑

北海道民はいろんな形でジンギスカンを楽しんでます。

最新情報をチェックしよう!