北海道は秋を迎え、紅葉も進んで、ナナカマドの実が真っ赤に色付ききれいです。朝夕は冷え込みむので、暖かい服装でツーリングしましょう。

青年よ大志を抱け!北海道大学クラーク博士旅立ちの地をツーリング!

◉札幌市と恵庭市の中間・島松沢は寒地稲作発祥の地?

 

・弾丸道路・国道36号線

 

北海道の国道36号線は室蘭から苫小牧・千歳を通り、
札幌まで伸びる交通の大動脈です。

バイクツーリングで通る方も多いと思います。

昔は『弾丸道路』と言われてました。

戦後、アメリカ駐留軍が弾丸を運んだ道路だからとか、
交通量が多く、自動車が弾丸のように走っていたから!

など、説は色々あるようですが、現在でも最も重要な国道で、
自動車が弾丸のように?走ってます。

・旧島松駅逓所

その旧国道36号線、つまり以前36号線だった旧道が
残ってる場所があります。

島松沢もそのひとつで、北広島市に属してます。

札幌農学校(北海道大学の前身)で農業を教えていた、
クラーク博士がアメリカに帰る時に

見送りに来た学生や職員と別れた場所で、
『旧島松駅逓所』があります。

『Boys be ambitious…青年よ大志を抱け』の言葉を残した場所です。

駅逓所とは、北海道独自の制度で、
人口の少ない蝦夷地(えぞち)の
宿泊・運送・郵便の
利便を図るための人馬を備えた駅舎のことです。

現在は北海道開拓時代の貴重な史跡になってます。

・島松沢は寒地稲作発祥の地!

 

旧島松駅逓所の駅逓取扱人(管理者)の中山久蔵が
寒冷地での稲作の栽培に成功した場所でもあるのです。

現在でも、当時栽培に成功した田んぼ跡と
赤毛種の見本田が駅逓所の横にあります。

赤毛種の見本田

 

ここから北海道の稲作が広がって行ったのですね。

今では、ななつぼし・きらら397・ゆめびりか・ふっくりんこなど
沢山の品質の良い、美味しい北海道米が作られています。

  1. ななつぼし
  2. きらら397
  3. ゆめぴりか
  4. ふっくりんこ
  5. きたくりん
  6. おぼろづき
  7. ほしのゆめ
  8. あやひめ
  9. そらゆき
  10. ゆきひかり
  11. ほしまる
  12. 大地の星
  13. えみまる など。

昔では考えられないくらいの種類があるのですね。

今では全国的にも有名なブランド米があります。

 

◉国道が渋滞してる時の抜け道になる。

 

札幌の人でも、あまり知られていない裏道がある?

 

国道36号線は新千歳空港や苫小牧港からの
物資や観光客などを輸送する、北海道の経済を支えてる大動脈です。

なので、当然のことながら交通量が非常に多いのです。

渋滞緩和のための、羊ヶ丘通りに抜けるバイパスも造られてはいますが、
札幌市の入り口の大曲(北広島市)で渋滞します。

そんな時、恵庭から大曲の
三井アウトレットパーク近辺に抜ける、
裏道が島松沢を通ってます。

その道は、ゴルフ場に通う人は知ってますが、
札幌など地元の人にもあまり知られていません。

交通量が少なく、田舎道なのでツーリング気分で走れます。

距離的には遠回りになりますが、
自動車が多い国道を走るよりは、気持ちがいいのです。

恵庭のバイパスを過ぎて、
高速道路の高架下から1.5kmほどに
信号のある交差点があります。

青看板で、左矢印で島松沢0.6kmの表示があり、
そこを左折して坂を下って行くと、右手に古い造りの

旧駅逓所があり、左側に駐車場入り口があります。

 

京極の名水にも匹敵するアンビウォーターとは?

 

旧駅逓所から100mほどで、
左に行く道があるので、そこを左折です。

まっすぐ行くと、また36号線に戻ってしまいます。

左折して道なりに2.5kmほどで、
突き当るので、
そこを本当は右折なのですが、

突き当り左側に名水の湧き水
『アンビウォーター』があるので、
寄ってみましょう。

無料ではありませんが、管理費として

1ℓ~40ℓまでは100円です。

この料金表って、ちょっと微妙なのですが、
1ℓから100円と書いてるので、500ccのペットボトルだと
どうなんでしょう?

 

その辺は個人の判断なのでしょうか?

バイクでのツーリング途中だと、
そんなにたくさん汲んでいくことが
出来ないですからね。

でも、100円だとしても美味しいのでその価値ありです!

できれば、1ℓ以上は汲んで行きたいところですね。

500のペットボトルしか無いときは、
飲めるだけ飲んで、
そのあと、ペットボトルに汲んで行きましょう(笑

設備もしっかりしてるので、安心して飲むことが出来ます。

個人で飲料や料理に使ってる人や、お店でも使ってる人が多いのです。

この場所は、札幌中心部からでも車で40分ほどで来れるので、
便利な反面、土日や祝日はちょっと混雑します。

 

山の中で船のイカリを売ってる?!

 

アンビウォーターの場所へ行く途中に、
道端に信じられない物が置いてます。

船のイカリです。

それも、相当大きなもので、
なぜ、こんな所に飾ってある?のか、以前から不思議に思ってました。

今回はバイクを停めて、近くで見てみました。

何か白い張り紙があります。

『売・価格応相談』と書いてあります。

びっくりすることに、売ってたのです。

興味のある人は、電話してみてください(笑

絶景?見晴らしの良い場所がある!

 

島松の名水を汲んだ後は、
400mほどで、また左折します。

左折しないで、まっすぐ行くと36号線に出てしまいます。

左折して3kmで止まれの
交差点がありますが、
直進しましょう。

直進すると、ちょっとした高台になってます。

意外なことに、天気の良いときは
日本海や留萌方面の暑寒別岳が見ることができます。

駐車場が無いので、景色を眺めるときは、
バイクなら寄せれるところがあるので、そこに停めさせてもらって景色を楽しみましょう。

ここは、ゴルフ場帰りなどの車の通りが多いので気をつけて下さい。

 

そして、そこから坂を下ると、また突き当るので、
そこを右折してまっすぐ行くと、最初の交差点が羊ヶ丘通りで、そのまま直進すると36号線です。

その辺は、三井アウトレットパークや
郊外型のショッピングモールなどがあるので、
混雑してます。

特に、休日は渋滞します。

避けられる道路はあるのですが、ちょっと分かりにくいし、
道路状態も悪い所があるので、おすすめしません。

 

旧36号線・まとめ

 

現在はほとんど使われない国道36号線の旧道には、
クラーク博士が旅立った、旧島松駅逓所があります。

そこからつながる裏道にも意外なものがありました。

私は、遠くまでバイクでツーリングできない時には、
気晴らしにプチツーリングする、田舎道です。

交通量が多い国道を通るよりは、楽しめると思います。

機会があれば、裏道ツーリングを楽しんでみてください。

あ!シカが出没するかもしれないので、
ご注意を!

最新情報をチェックしよう!