北海道はこれからが最高の季節です!コロナウイルスを気にしないで、北海道を自由に走れる日が、早く来ますように!

桜前線のトリを飾るのは、北海道・根室の珍しい桜

  • 2020年5月19日
  • 2020年5月31日
  • 北海道
  • 4View
  • 0件

北海道の桜

北海道では梅と桜が同時期に開花します。

梅の方がほんの少し早く咲きますが。

梅と桜だけでなく、コブシ・ツツジ・レンギョウなど

様々な花が同時期に咲きほこり、灰色だった北海道の景色を

いっきにカラフルに染めあげてくれます。

やっと春の訪れです。

 

北海道・エゾ富士とエゾ山桜の競演【真狩神社の桜並木】

北海道の代表的な桜といえば、

『エゾ山桜』

山などに自生していて、
街中でも街路樹などにもなってます。

いちばんポピュラーな桜です。

エゾ山桜はソメイヨシノに比べると、ピンクの色濃く、花と葉が同時に咲きます。

 

まだ新緑が出る前の色の無い山に
白いコブシの花と共に、ピンクの色が濃い
花で彩ってくれます。

北海道にも桜の名所はたくさんありますが、

真狩神社の桜並木は
北海道を代表する山・羊蹄山(エゾ富士)と
代表的な桜・エゾ山桜が競演して、
雄大な景色を楽しめます。

真狩はマッカリと読みます。

あの細川たかしの故郷、真狩村です。

札幌市内から車やバイクで1時間半ほどです。

 

 

北海道で最後に咲く桜【千島桜】

しかし、あまり知られていない桜があるのを
ご存知でしょうか?

それは、千島桜 です。

寒冷地や山岳地帯に咲く、低木の桜で、
花も小ぶりでかわいい花が咲きます。

北海道では主に、根室や釧路地方で見られます。

 

桜前線の最後を締めくくり、5月の連休明けに

根室で最後に咲く桜が千島桜です。

 

じつは、札幌でも見られる所があり、
札幌で最初に開花する桜でもあります。

咲き始めは濃いめのピンクですが、
だんだん白へと変化していきます。

そのため、1つの木にピンク・白・ピンクと白の混じった花を

一度に楽しめることもあります。

千島桜を見られる場所は、

札幌の中心部を流れる豊平川の近くの

 

『北海道開発局寒地土木研究所』
(札幌市豊平区平岸1条3丁目1番34号) 

 

敷地内の精進川沿いに200本ほど植樹されています。

テレビの取材も来ます。 以前、友達も観客としてニュースに出演したことも(^^
満開時期にはライトアップもされます。

 

普通だと、見頃になると一般開放されますが、

今回の新型コロナウイルスの影響で
今年は残念ながら自粛となりました。

 

最新情報をチェックしよう!